ブログ

6月になりました。

2012年06月04日

 6月になりました。2012年もあと1ヶ月で半分が終わります。

「光陰矢の如し」

 時の流れは早いものです。

 さて、なかなか一日一日の進歩は見えませんが、積み重ねってほんとに大切だなと今さらですが深く認識します。すぐ結果がでるに越したことはないですが、実際はなかなかでません。子供達の成長ぶりを見ていると、それはほんとによく分かります。

 我々指導者は、すぐ結果がでないことに苛立ちを感じることが多くあります。なぜなら、我々自身はそのプレーができるからです。「なんでできないのか」というプレーを全体的に漠然と見るだけの思考で終わってしまうケースが多く、「どこができていないか」という部分的なことを注視する考えに至っていないことがあります。

 そのプレーができているかできていないかは、我々でなくて素人が見ても分かります。でも、我々の役目は「どこができていない」かを発見し、「どうすれば良くなる」かを適切に見抜き、その方法を「わかりやすく伝える」ことではないかと思っています。

 「バットを速く振る」ということが、結果的に打球を遠くに飛ばすということは誰もが知っています。ただ、速く振るために何が必要なのか?「速く振れ」ということはできます。でも、子供達は速く振るための方法を知らないのです。下半身始動からそのスピンが上半身と連動し、上体の捻りから遅れて腕がでてくることで遠心力をバットに伝え、さらにグリップリードからバットの重みを利かした遠心力も使うことができれば、効率的に速いスイングが可能です。しかし、これを子供達に説明して実践できるとは思いません。分かりやすく部分的な身体の動かし方を説明し、簡単なことから実践させること。まずはこれが第一にやることではないかと思います。

 長年の積み重ねがあって今の自分の動きが固まってきます。一気に上手くなりませんが、やらないと一個も上達しません。部員みんな良い成長をしていると思います。向上心を忘れないよう、日々の練習に取り組んで欲しいと思います。そしてそれは我々指導者にも言えることです。日々精進ですね。

 

メニュー

  • チーム紹介
  • スケジュール
  • 試合結果
  • メンバー紹介
  • 個人成績
  • メンバー募集
  • ブログ
  • フォトアルバム
  • ムービー
  • 対戦相手募集